保存方法

コーヒー豆の保存は可能な限り低温が良い。
常温よりは冷蔵、できれば冷凍が望ましい。

風味の保持力は10度下がるごとに
倍になると言われている。

同業の中には冷蔵や冷凍などの
必要はないと言う人もいるが、
私からすれば、やや考え方が古い気がする。

昔のコーヒーのように、ただ苦い、酸っぱい、
薄い、濃いなどと言っていた時代ならともかく
近年のコーヒーは品質が素晴らしく
様々な風味を感じ取ることが出来る。

だからその多彩で繊細な風味は
少しでも長く多く残したい。その為には
低温で保存することが望ましいのだ。

ちなみに私は焙煎後"冷凍庫"で一ヶ月程度
保存した豆の風味に感心することがよくある。
というより…、かなり好きだ。

焙煎間もない豆の荒々しさというか角が取れて
優しく円やかな舌触りなのに、風味は十分に
残っていて絶妙なバランスだと感じることが多い。

また、多少エージングされることにより
味わいに深みが増しコクが出てくる。豆によっては
香りが熟成され一段と際立つこともある。

だからと言って焙煎後、直ぐに飲んでは
いけないと言っているのではない。

さすがに"焙煎直後"は風味が整っていない
と感じるが、数日経過したものであれば
馴染んでいないながらも、ガツンとくる
力強さを感じることが出来る。

つまりは低温保存をしておけば、
焙煎後から風味が序々に変化をする過程を
ゆっくりと楽しむことができて
あらたな風味の発見にもつながる。

また急いで消費をする必要もなくなるので
数種類を保存し、TPOに応じて飲み分けや
飲み比べをするなど、風味を覚えるのにも
非常に役立ち効果は大きい。

ただし上記は豆の状態で保存をした場合であり、
挽いたものはなるべく早く消費した方が良い。

また、焙煎自体や販売店での保存が
適切でない豆は、風味の劣化が早く
低温保存も効果がないばかりか、逆に劣化を
招く恐れがあるので注意が必要である。
 
 old    index   new