NEW BEANS

最近、生産国は同じでも地域や農園が
変わった豆がありますので簡単に説明をします。

エルサルバドル パカマラ
サンタテレサ農園 → ネハパ・ウノ農園

女性的な繊細感やパカマラ種ならではの
香りの良さは共通だが、品質の高さが伺え
透明感とキレが増し、ボディがグッと前に
出て来た。それによりアフターテイストが
長く、様々な風味が一段と明確になった。
お客様からの評判も良く「香り高いブルゴー
ニュワインのようだ」との感想も頂戴した。

コロンビア スプレモ
ミルキーセレクト(ウイラ地区)→
ナリーニョスペシャル(ナリーニョ地区)

”ナリーニョ”って聞くと一昔前の印象だが、
いや〜、捨てたもんじゃない!
南米の特徴である穀物感がしっかりと有り、
昔の美味しいコロンビアってこんな感じ
だったなって思える良さがある。特にコーンの
ような風味と旨み感がはっきりと分かるので、
とうもろこし好きの方は是非。(笑)

ケニア
AAマサイ(ニエリ/キリニャガ地区)→
AA+ ブラックベリー(ニエリ地区)

単一地区になったことで風味の複雑性は
やや後退したが、ニエリ地区の特徴である
ボディ感とベリーやカシスの風味は増した。
昔ながらのケニアらしいスパイシーさと
洗練されたフルーティ感のバランスが
素晴らしくて好印象。フルボディのワインを
連想させる。

エチオピアモカ G-1 ナチュラル
イルガチェフ地域 → シダモ地域

これはやや残念。フルーティさが後退した。
とは言え、イルガチェフの香りが素晴らし過ぎた
だけで、ナチュラル特有の発酵感というか
ベリー系ヨーグルトのような風味は十分に
感じられるし、芳醇なコクや旨みは増している。
モカ好きなら選んで間違いはない。
 
 old    index   new