ドリップのコツ

上手にドリップされたコーヒーは本当に旨い。
ドリップにしか出せない風味がある。

@熱湯は避ける。(新鮮な豆には80〜85℃)
Aしっかり蒸らす。
B中心に湯道のイメージを常に持つ。

挽き具合は中挽きが基本。
上手くなると10gでカップ一杯(120cc)の
美味しくコクがあるコーヒーが淹れられます。

バランスを崩し上手くいかない場合、
例えば深煎りに慣れた人が中煎りを淹れると
酸味が強調されたりコクが出ないことも。
そういう時は一度リセット。

中煎りの豆を上手に淹れられると
浅煎りや深煎りにも対応でき、
思い通りの味を造れるようになります。

抽出で思い悩んでいる方、お気軽にどうぞ。
 
 old    index   new