ハニー

マラウィ ゲイシャ種の在庫が切れ、
いつもの仕入先に発注をしたが欠品だった。

その後、在庫がある商社を見つけ
サンプルを取り寄せたが、あまり気に入る
ものではなかった。同じマラウィ ゲイシャ種でも
農園や地域により違いがある。

人気商品が切れるのは困るのだが、
売れ筋だからこそ拘りたい。
残念ながら今回の仕入れは見送った。

そして、マラウィ ゲイシャ種の代わりには
バリ島から「神山ハニー」が入荷した。

以前、普通の神山を扱った際、悪くは無いが、
無くてはならないというほどの印象を
受けなかった為、取り扱いを止めていた。

ところが今回のものには「ハニー」が付く。
思わず 「フラッシュ!」と叫びたくなるが、
「ハニー」とはパルプドナチュラル方式に
よって精製されたコーヒーのことである。

まず、通常の神山と同様に焙煎をしてみた。
しかし何か物足りない。「ハニー!」って感じが
しないのだ。そこで焙煎工程と焼き上がりを
調節し再度、焙煎をしたところ「おおっ!
いいんじゃない!」と思わず声が出た。

焼きあがった瞬間に立ち上るチョコフレーバー。
飲んでみると、ほのかな苦味の後にしっかりと
甘味を感じる。飛びぬけた個性感は薄いが、
端正で優雅な美味しいコーヒーに仕上がった。

マラウィ ゲイシャ種が再入荷するまでの
スポット入荷の為、気になる方はお早めに。
 
 old    index   new