この目にやられた。
何て良い上目遣いだろう。振り返る角度、
背中の丸みも完璧、理想的な2頭身だ!(笑)

連れて帰りたいと真剣に悩んだが
自宅マンションでは飼えない。

結局、一枚だけそっと写真を撮り
「良い人に巡り会うんだよ」とその場を去った。

その後、友人の店に行くと、
カウンターに着くなり「これ、読んだ?」と
一冊の本を出して来た。

手に取ると少し前に発売になった
コーヒー特集の雑誌だったので
「ああ、あまり興味ないかな…。」と答えた。

「でも、とっても面白いよ〜」と
意味ありげに言うので、コーヒーが
出るまでの暇つぶしにと読み始めた。

始めの数ページは普通に読んで
いたと思う。でも、徐々にスピードは
上がり、半分辺りで本を閉じた。

ため息をつきながら顔を上げると、
彼は僕の顔を見て「クスクス」笑っていた。
眉間にしわでもよってたか?

「ほ〜ら、面白かったでしょ、感想は?」と
聞かれたので、「雑誌の雑は、中味が
雑って事だっけ?」と答えた。

本当にそれしか思い付かなかったし、
まだ、あの子のことが気になっていた。
 
 old    index   new