one point

美味しいコーヒーを造るのに
焙煎機のメンテナンスは欠かせない。
特に排気系統は念入りに行う。

味を造るポイントは山ほどあるが、
スムーズな空気の流れなくして
私の目指すコーヒーは造れない。

先日 "ブラジル陰干" が再入荷した。
以前、イエローブルボン種で
ブラジルを見直したと書いたが、
その中でも陰干しは別格だった。

しかし最近は良いものに出会えず
取り扱いを止めていたのだが、
久し振りに味わうと、やはり陰干し
ならではの風味がある。

とにかく甘みが際立つ。フルーティーな
甘い香りが漂い、飲み口からも
はっきりと甘み(旨み)とコクを感じる。

残念ながら 今回入荷したものは
私を驚かせたベストな陰干しではない。
それでも陰干しの良さは十分に
味わえるので、是非 お試し頂きたい。

そして、インドネシアのスマトラ島からは
ゴールデンマンデリンが再入荷した。
スマトラ特有の力強さに加え、
ほのかに フローラルで香水チックな
余韻を感じる辺りは流石の逸品である。

焙煎機の排気が最適に行われてこそ
このような繊細な風味が表現できる。
 
 old    index   new